« 楽天で売っているものも売れるのか | メイン | A8の楽天 »

2011年09月11日

神戸スウィーツ・コンソーシアム

RIMG0835.jpg

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)に行ってきました。

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)とは、障害を持った人(チャレンジドと呼んでいます)がスイーツ(お菓子作り)の世界で独立できるように応援する活動です。

 
主催は社会福祉法人プロップ・ステーションと日清製粉株式会社です。

 
私も昨年からプロップ・ステーションを支援していて、チャレンジドのみなさんのガンバリを見て元気をもらっています。

 
プロップ・ステーションの目指すところは簡単に言うと『障害者を納税者にしよう!』という過激な物です。
 
障害者の人からお金をとるの!?という声もありますが、働くこと、社会に参加すること、自分で稼いだお金を好きなことに使うことの喜びってあると思います。
 
障害を持った人へお金を配布するだけが福祉ではない。 
 
プロップ・ステーションはITを駆使し、プロの講師から技術を学ぶことでチャレンジドの経済的自立を目指しています。
 
プロに習わなければプロにはなれないという一貫した考えを持っているので、教えてくれる講師は一流の人たちばかりです。
 

そんな部分にも惹かれました。
 
これからもずっと応援しつづけたいし、自分自身も大きくなってできれば企業として参加できるようになりたいです。

 

プロップステーションの活動は多くの人、企業で成り立っています。
支援についてはこちら
 


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mm-labo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/790

コメントする

(コメントは承認されるまで公開されません。入力したメールアドレスが公開されることはありません。)