« 無料で音楽聴き放題 | メイン | ペンギン来たの? »

2013年05月29日

25日に父が亡くなりました。

69歳。肺癌でした。

1年7ヶ月の闘病生活。

病気がわかってから、実家に帰ってたくさんお世話できたのも、父の看護で移動できない母のかわりに、祖母(母の母)の手伝いをできたのも、みんなアフィリエイトという仕事のおかげです。

アフィリエイトに出会えて、よき師匠、仲間に出会えて本当によかった。

 
よく、親の死に目に会えなかったと悲しんでいる人の話を聞きますが、実際立ち会ってみると、それはそれで辛いものです。

私は弟と二人で、自宅で看取りました。母が30分外出している間の急変でした。

死に目に会える会えないは、気にすることはないと思います。
 
母と私は以前から『その時にそばに居れなくても、充分やれることはやったね』と話していました。

 
離れて住んで働いていたら、会えない事のほうが多いかもしれません。

生きている間に、精一杯出来ることをしてあげるのが一番だと思います。
 

私はそれが出来たので、後悔の悲しみはありません。


 
この事をブログに書こうかとても迷いました。

辛い事を思い出す方がいらっしゃったら申し訳ありません。


 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mm-labo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1070

コメント

こんにちは、笹木さん。
はじめまして。
去年から、このブログを拝見しています。

お父様が亡くなれたのですね。
お悔やみ申し上げます。

私は、既に両親がいないのですが、亡くなった後、一週間後くらいにどっと悲しくなりました。

今は、いろいろ大変だと思いますが気落ちせず、体調を崩さないようにしてくださいね。

更新されてないな?と思ってました。ご愁傷様です。
私は仕事で親父の死に目には会えませんでした。
少しケンカした後の急死だったので未だに後悔しています。
元気を出して下さいね。

ご愁傷様でした。
お父様もよく頑張りましたね。
今はいろいろと忙しいのでみなさん気丈だと思いますが、
時間とともに悲しみがひしひしときます。。。
どうぞ お母さまのそばにいてあげてくださいね。

私も父を8年前 肝臓がんで亡くしました。
55歳で若かったのであっという間でしたが、病気が判ってから2年間 家族で病気のこと、看護のこと、死について今まで考えたことのないことを考えさせられました。
今でもたまにふと父のことを想い出すと涙が出ますが、そんな時は思い切り泣くことにしています。

アフィリ笹木さんも疲れが出てきますので、どうぞゆっくりと身体もココロも休めてください。

>獅丸さん

はじめまして。コメント、はげましのお言葉ありがとうございます。

今はまだ緊張感があって感じていないのかもしれませんね。。。少しゆっくりしたいと思います。


> masaruさん

ブログを気にして頂きありがとうございます。
また更新していきますのでよろしくお願いします。

> わかU。・ェ・。U さん

コメントありがとうございます。

わかU。・ェ・。U さんのお父様も癌で亡くなられたのですね。
私の父よりもだいぶお若い時に。。。

母は3月21日に実母(私の祖母)を亡くしたばかりなので、今は気丈でも後からくるでしょうね。。。

父の残していった物の片付けを頑張ると言っていますが、休み休みやってもらおうと思います。


お悔やみ申し上げます。
後悔の悲しみがないというのは、
お父様もお幸せだったと思います。

>risu さん

ありがとうございます。

本人もやすらかな顔だったので
よかったです。

大変でしたね。
あまり無理なさらず、
ゆっくりしてくださいね。

何かを忘れるために頑張るのも大事かもですが、ぼーっとして出る疲れを出しておくことも大事かと思います。

まさかの日記に只唖然とするばかりです。

お悔やみ申し上げます。

笹木さんも体調崩さないよう気をつけて下さい。

>こばば~んさん

おひさしぶりです^^

ありがとうございます。
何が何やら実感がわかない状態ですが
無理せず進もうと思います。


>くわぞうさん

こんにちは。読むのが辛い記事になってしまい申し訳ないです。。

アフィリエイトは継続が大事ですが
少しずつでも努力は成果になると思います。

無理なさらず、時には休んでくださいね。


コメントする

(コメントは承認されるまで公開されません。入力したメールアドレスが公開されることはありません。)