« IPMC | メイン | A8フェイスティバル2013 »

2013年09月06日

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~

300_DSC00364.jpg


木下 晃伸さんのパクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)を読みました。

徹底的に一流をパクろう!という本です。


・守…徹底低にすごい人をパクる!型にハマる。
・破…型にハマりきらない部分が出てくる。
・離…型にハマらず飛び出した部分がオリジナリル

のイメージです。

この本はビジネスモデルをパクるのではく、
「人をパクる」ことを書いています。

たとえば、本を出しているなら“全部読む”

数冊ではなく『全部』。

テレビに出ている人なら、『全部』見る。
 

コンプリートすることに重要な点があるそうです。

 
他人の頭を利用しながら、どんどんアウトプット
し続けることによって、量が質に転化すると書いています。

 
アフィリエイトの本ではありませんが、なるほどーと思いました。

私も自然にやっている部分もありましたが、“コンプリート”ではありません。 


パクリジナルを続けると、あなたも奇才になれる

 
考えるとワクワクしますね。

 
ちなみに、著者の方が私と同じ年齢で、ビックリしました。

 
すごい人がたくさんいるなぁ・・・
 
 

↓アマゾン
パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)


 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mm-labo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1123

コメントする

(コメントは承認されるまで公開されません。入力したメールアドレスが公開されることはありません。)